位置は南向き?日当たりを確認しておきましょう

お部屋の日当たりは生活の良し悪しを左右します

賃貸で部屋を借りる時にチェックしておきたいポイントはいくつかありますが、なかでも日当たりは特に重要です。日当たりは、洗濯物がすぐ乾く、といったわかりやすい部分だけの話ではありません。「平日は日中ほとんど家にいないから、日当たりなんて関係ない」とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、日当たりの良し悪しは住んでいる人の気持ちや体調に確実に影響を与えます。
規則正しい生活を送るためには体内時計を正しいリズムに整える必要がありますが、そのためには日光は必須と言われています。規則正しい生活のために「朝はカーテンを開けて日光を浴びましょう」というアドバイスを耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。難しいことはわからなくても「朝日を浴びると気持ち良い」という感覚はわかっていただけるかと思います。

陽のある時間に内見しよう

物件を借りる前に日当たりをチェックするなら、昼間に内見するのがおすすめです。できれば午前中ならお昼近く、午後ならお昼過ぎ、まだ陽の高い時間帯が良いでしょう。東向きの部屋や西向きの部屋も、時間帯によっては確かに明るいのですが、東向き・西向きだと昼間は部屋に陽が入らないものです。晴れた日なら東向き・西向きでも部屋が明るいと感じるかもしれません。 しかし、内見する時には、たいてい窓にカーテンなどはかかっていない状態であることを忘れてはなりません。実際に住み始めると窓にカーテンをかける方がほとんどかと思います。レースカーテンでも、遮光のものだとかなり陽がカットされますので、内見の時よりも数段暗くなると考えながら見るとよいでしょう。

© Copyright House Lease Contract. All Rights Reserved.